会議所情報

こちらは会員企業様に商工会議所よりの最新情報を活用していただくページです。


「マイナンバー」準備はお進みですか?

 マイナンバーは、住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障・税・災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。
 平成27年10月から、住民票を有する1人1人に12桁のマイナンバー(個人番号)が通知され、中長期在留者や特別永住者などの外国人の方にも通知されます。また、法人には、1法人1つの法人番号(13桁)が指定されています。
 平成28年1月から、社会保障・税・災害対策の行政手続きにマイナンバーが必要となり、法律や自治体の条例で定められた行政手続きでしか使用することは出来ません。

 ~国や地方公共団体などでの利用~
 国の行政機関や地方公共団体等においては、年金・雇用保険・医療保険の手続き、生活保護・児童手当その他福祉の給付、確定申告などの税の手続きなどで、申請書等にマイナンバーの記載を求められることとなります。

 ~民間企業での利用~
 民間企業では、従業員の健康保険や厚生年金の加入手続きを行ったり、従業員の給料から源泉徴収して税金を納めたり、また証券会社や保険会社等の金融機関でも、利金・配当金・保険金等の税務処理を行う際に、平成28年1月以降(厚生年金・健康保険は平成29年1月以降)マイナンバーが必要となります。そのため、企業や団体にお勤めの方や金融機関とお取り引きがある方は、勤務先や金融機関ご本人やご家族のマイナンバーを提示する必要があります。

 この事業に関する詳細は下記からご覧下さい。

  『マイナンバー社会保障・税番号制度(内閣官房)』


 


~貴社が求める人材の採用に
       “ジョブ・カード”をご活用下さい~

 厚生労働省委託事業~ジョブ・カード制度~
 社員採用を検討している事業主の皆様へ
 「ジョブ・カード」とは、正社員採用やキャリア・アップを目指す求職者が、キャリアコンサルティングや職業訓練を受けながら作成する就職活動のための書類(ファイル)で、『履歴シート』『職務経歴シート』『キャリアシート』『評価シート』からなっています。履歴はもちろん、これまでの職務の中で得られた知識・技能、自己PR、職業に関する目標・希望、職業訓練を受けた場合は終了後の能力評価・・・等が具体的に詳しく記載されています。求職者の人物評価をいろいろな面から行うためのツールとして、是非ジョブ・カードを社員採用の際にご活用下さい。

 <ジョブ・カードの特徴>
 *求職者の仕事に対する意欲がわかります。
 求職者は、ジョブ・カードの作成過程できめ細やかなキャリア・コンサルティングを受け、自分の強み、仕事の目標・希望などを明確にしています。
 *登録キャリア・コンサルタントのコメントがあります。
 『キャリアシート』には、仕事やキャリア・アップに取り組む姿勢などがわかりやすく書かれています。
 *自社が求める職業能力を持っているかを判断する際の参考になります
 求職者がジョブ・カードを活用した企業内職業訓練で実習を受けた場合、訓練を実施した企業が、社会人としての基礎力(ビジネスマナーなど)、職務に必要な技能・技術などの能力を『評価シート』で細かく評価いたします。

・詳細については、参加申込書に必要事項を記載の上、FAXにてお申込み下さい。

≪詳しいお問合わせ先・登録申込先≫
    鹿児島県地域ジョブ・カードセンター(鹿児島商工会議所)
    TEL 099-225-9566 FAX 099-225-9570

------